Shellman ロゴ
お問い合せ プライバシーポリシー サイトマップ メルマガ登録・解除 カート確認
TOP スペシャリスト オリジナルを語る 名品ギャラリー 今月の一本 掲載雑誌情報 イベントリポート オンラインショップ
スペシャリスト、シェルマンオリジナルを語る
     
     
アンドレア・アルティオリ氏
  (2006.10.18)
 
山田 五郎氏(2005.4.22)
 
HTO Watches
  (2004.6.16)
 
スヴェン・アンデルセン氏
  (2004.6.16)
 
ダニエル・ロート氏
  (2004.3.10)
 
寺門 ジモン氏 (2004.1.9)
 
坪井 一雄氏 (2003.12.10)
 
フィリップ・デュフォー氏
  (2003.10.10)
 
■松山 猛氏 (2003.8.27)
松山 猛氏
【松山 猛氏プロフィール】
作家、エッセイスト。時計を始めとして、お茶、骨董など多岐に渡るこだわりの世界への造詣が深く、テレビや雑誌など多くのメディアで幅広く活躍。“もの”に対する日本の第一人者。
GRAND COMPLICATIONのこと
松山 猛
 移ろい行く『時』という、いささかあやふやなものを、正確にとらえる装置として、時計という道具は発達してきた。
 その改良の歴史のなかでも、経過した時間を知ることのできる、クロノグラフ装置や、現在の時、分を音で表現するリピーターの発明は、それまで視覚だけに頼っていた時計装置を、聴覚化したことに意義があったのだ。
 さらにこの球型の惑星、地球には昼夜というものがあり、その自転にあわせて、それぞれの国がタイムゾーンに組込まれていて、離れた国どうしには時差がある。その時差を読み取るワールドタイマー機能も、時代の求めに応じて作られるようになった。
 四年に一度のうるう年や、大、小の月を、自動的に修正する機能を組込んだ、永久カレンダーも偉大な時計学上の発明だったが、それらの機能を生かすのに不可欠だったのが、とぎれることなく時計にエネルギーを与えることだった。
 さて、シェルマンがプロデュースした、グランド・コンプリケーションは、ハイテクノロジー先進国日本ならではの、最新鋭のクォーツ・ムーブメントを用いることで、正確な時刻に加え、永久カレンダー、クロノグラフ、さらにミニッツリピーター、ムーンフェイズなどの機能を組合わせた『夢』の時計を実現させたのだった。
 その全てをメカニカルだけで実現したら、とてつもない価格となるだろうが、クオーツ化によって現実的な道具として、多くの人々の手に届くようになったのだ。
 僕の知るスイスの独立時計師も、自分たちの発想や技術と全く異る、しかし正確でチャーミングな時計として、このメイド・イン・ジャパンの偉大さをリスペクトしている。
 メカニカルではなかなか大きな音のリピーターを作るのは困難だが、この時計はなかなか耳にやさしい音で、時、分を教えてくれるのが素晴らしいのである。
     

 

 
copyright (c) 2005 Shellman All right reserved.