Shellman ロゴ
お問い合せ プライバシーポリシー サイトマップ メルマガ登録・解除 カート確認
TOP スペシャリスト オリジナルを語る 名品ギャラリー 今月の一本 掲載雑誌情報 イベントリポート オンラインショップ
スペシャリスト、シェルマンオリジナルを語る
   
   
アンドレア・アルティオリ氏
  (2006.10.18)
 
山田 五郎氏(2005.4.22)
 
HTO Watches
  (2004.6.16)
 
スヴェン・アンデルセン氏
  (2004.6.16)
 
ダニエル・ロート氏
  (2004.3.10)
 
■寺門 ジモン氏 (2004.1.9)
 
坪井 一雄氏 (2003.12.10)
 
フィリップ・デュフォー氏
  (2003.10.10)
 
松山 猛氏 (2003.8.27)
寺門ジモン氏 最近、僕が最も愛用している時計がこのワールドタイムミニッツリピーターです。時計好きが集まる講演会で話したりする機会が多いのですが、必ずこの時計をして行きます。この時計はウンチクがたくさんあって、とっても助かっています。テレビに出演するときもいつもこの時計をしています。(嘘だと思ったらテレビを見て下さい!)たまたまシェルマンさんとご縁があり、この時計を手にしたのですが、「良いものは良い」。このひと言です。
僕は時計が大好きなんですが、時計の良さは、この小さなところにある機密性・・・この小さなものの中に秘密がたくさん詰まっているというところだと思っています。ワールドタイムは、ムーブメントの大きさが実に絶妙で、これ以上バランスの良い時計はありません。ジーンズにも、スーツにも合うし、ワールドタイムやミニッツリピーターという機能も良いけれど、何よりも大きさがドンピシャ。時計を知り尽くしたシェルマンさんならではです。
時計というものは、そもそもヨーロッパで機械式として発達し、その後クォーツが物凄い勢いで台頭したのですが、世の中はまた機械式時計に注目にしています。そんな世の中の流行にはとらわれず、これまでずっと機械式時計を見続けてきた磯貝さん。ワールドタイムは、時計を本当に知っている磯貝さんだからこそできた一種の発明だな、と思っています。機械時計の良さがぎっしりと詰まっていて、メイドインジャパンにもこんなに良いものがあるんだということを世界に知らしめたのではないでしょうか?そんなパワーのある時計なのに、自慢もしていないし、謙虚。でも、どの時計にも負けていない。
僕は日本中心の世界地図に、ついついニヤッとしてしまいます。僕達は日本中心の地図に見慣れているけど、世界の大半の人はアメリカやヨーロッパ中心の地図しか見たことがないでしょう?
高級時計にも二種類あって、ダイヤモンドを入れて宝飾品として高価な時計、機械式でメカとして高価な時計があります。それらの時計と比較しても、見劣りしない。手作り感とクォーツのバランスもいいし、何度も言うけど僕にとっては、ムーブの大きさがいい。クォーツだから壊れないし、正確。実用的でありながら、「本物」。ぶつけて二年間帰ってこない時計も持っているけれど、僕が一番使える時計。「いい時計してますよね。」とよく言われます。僕自身、いいものはみんなに伝えたいし、わかってもらいたい。特に、メイドインジャパンのものは。
ブランドで時計を買う傾向が強い日本。ところがどっこい、中身で勝負です。シェルマンさんには、これからもしびれる時計を作ってもらいたいですね。


寺門 ジモン氏プロフィール
太田プロダクション、ダチョウ倶楽部所属。
1962年生まれ。兵庫県出身。
 
各種バラエティ番組の他、映画「黄泉がえり」など多ジャンルにて幅広く活躍。
趣味は、ガンプレイ、マラソン、料理など。
「モノ」へのこだわり、知識の深さは芸能界でも一、二を争うとの評判が高い。時計を初めとした
プライベートコレクションも膨大で、本業以外にこれらに関するメディアからの取材も多い。
本気で「モノ」を楽しむ、こだわりタレントのパイオニア。
   

 

 
copyright (c) 2005 Shellman All right reserved.